2020年4月19日アーカイブ

グレーダーとは

こんにちは。中古重機応援団です。

グレーダーとは

グレーダーとは、道路を舗装したりする重機の一種です。

自走式のものは、モーターグレーダーと呼ばれることがあります。モーターグレーダーは、アスファルト舗装の基礎部分を作ります。

除雪する用途で使用される車は、除雪グレーダーと呼ばれることがあります。

グレーダーを製造している国内メーカーは<コマツ>です。
アメリカの<キャタピラー社>も製造しています。

写真では分かりにくいかも知れませんが、前輪部分が前に突き出していて、中央部分にブレードが取り付けられています。

ブレード部分は雪や土をどけたり、平らにする働きをします。斜めに取り付けられていたり、ブレードがスライドする車もあります。

除雪の場合は、ブレードの他にスノープラウ(ブレードの一種)が取り付けられている時もあります。

モーターグレーダーの本体部分は操作キャビンと後輪4本で構成されています。操作キャビンには9本のレバーがあり、ブレードの角度が調節できるようになっています。

グレーダーの部位名称

ブレード

モーターグレーダーの本体と前輪部分の間にある細長い長方形の形をしたもの。土や雪を平らにしたり、土や雪を移動させたりする目的で使用します。

リッパー

巨大な爪の形をした部分。別名<掘り起こし用バスケット>とも言います。油圧ショベルのアームの先端に取り付けて地面や岩を砕くために使われます。

スカリファイヤー

かたい地面や凍っている表面を砕く目的で使用します。刃がついているユニットを高速回転させ、地面に衝突させて剥離させます。

グレーダー操縦に必要な資格

モーターグレーダーで作業するには、労働安全衛生法により定められています。<車両系建設機械運転者(整地・運搬・積込・掘削用)>という国家資格が必要です。

公道を運転するには、<大型特殊免許>が必要です。